医療機関で推奨されるエアロビクスと季節的な要因

エアロビクスは非常に効果の高い有酸素運動であり、医療機関からも推奨されるエクササイズです。このエアロビクスは、体内に蓄積された脂肪を燃焼させる効果に優れ、筋肉の活動を促し、基礎的な代謝も活性化させます。そのため、この脂肪燃焼の効果から、生活習慣病を改善する効果的な手段とされ、医療機関でも推奨される要因となっているのが特徴です。
運動不足が原因で十分な運動が行われていない状態は、血液にも過剰に脂質が溜まり、高脂血症などの生活習慣病の原因となります。そのため、継続的に筋肉に負荷をかける運動は、体内に蓄積されたエネルギーを効率良く燃焼させてくれる方法となるので、理想的な生活習慣病の予防法になるのです。
医療機関で勧められるエアロビクスとしては、ウォーキングなどの継続して行われる運動があります。また、水中での適度なエクササイズとして水泳などもあり、水中での浮力が関節への負担を和らげることから、身体の不自由な方にも適した運動として、医療機関でも勧められる事が多いのが特徴です。これらの有酸素運動は体脂肪を燃やす効果に優れ、基礎代謝量を増やすなどの作用も期待できるので、ダイエットにも有効な運動として取り入れられているのが現状です。
医療機関では生活習慣病を予防する為に、有酸素運動を推薦していますが、この運動は季節により消費するエネルギーにも差が出る事が知られています。特に、気温の低い季節は、筋肉により多くの熱を発生させることが必要になるので、消費エネルギーの割合も多くなる傾向が顕著です。また、この季節という要素に加え、有酸素運動は継続して数十分以上続けることが大切で、体内で消費される脂肪の割合を増やす為にも、一定期間の継続した運動が必要とされます。

トップページへ