医療機関からも推奨される不飽和脂肪酸と食道癌の回避

調理法によって健康的な食生活に配慮し、様々な疾患を予防できる事が知られています。例えば、多くの油を用いた調理方法を避ける事で、幾つかの癌や心筋梗塞、認知症などへのリスクを削減する事が可能で、医療従事者の中でも注目されています。
年齢が上がるにつれ、これらの病気にかかりやすくなり、食生活が原因とされる胃癌や大腸がんに加え、食道癌などの病気を発症する確率が高くなっているのが現状です。そのため、これらの疾患を回避するためにも、健康的な食生活に配慮する事が重要です。
これらの癌は先天的な要因が関係する事が医療機関では知られていますが、多くのケースでは生活習慣が原因となるケースが挙げられ、食生活を変えることでリスクを低下させる事も可能です。
医療機関では、脂肪酸の分類の知識に加え、その効果的な使い方についても提唱しています。
生活習慣病は、毎日の生活で摂取している脂質が大きく関係します。毎日摂取するオイルの種類によって、健康状態も大きくかわってきますので、このオイルの種類を把握する事が不可欠です。
一般的に用いられる機会が多いのは飽和脂肪酸で、このオイルは肉類などに含まれる動物性のオイルです。
また、不飽和脂肪酸というオイルは植物性のアイルである事が多く、オリーブの油などが代表的です。
この不飽和脂肪酸の中には、魚のもつオイルなどもあり、まぐろなどの青魚に多く含まれていることも特徴です。
医療機関からは、肉や乳製品などの動物性のオイルは動脈硬化や食道癌という病気になる可能性が高まる為に、不飽和脂肪酸を使った食生活を提唱しています。このような健康に配慮した食生活が、加齢に伴い発症率の高くなる食道癌などを回避するために有効な手段となるのです。

トップページへ