医療での健康寿命の延伸は日経ヘルスでも取り上げられた

現代医療は、健康寿命を延伸させることに、全ての力を注いでいると言っても過言ではありません。
もちろん、罹ってしまった病気の治療もですが、健康寿命の延伸をさせるために、日々、色々な方法が開発されています。
そうした現代医療の取り組みというのは、日経ヘルスでも取り上げられているくらいですから、国民全員の関心ごとになっていることでしょう。
では実際に、健康寿命の延伸を行うには、何をしたら良いのでしょうか。
その具体的な内容については、日経ヘルスでも語られていますが、何よりまず病気やケガをしないというのが大前提です。
病気やケガをして、後遺症などが残ってしまうと、健康寿命が縮まってしまうことがあります。
ただ、普通に生活をしていて、全く病気にかからないというのも不可能に近いです。
ですから、軽い風邪やケガなどであれば、その都度、現代医療の力を借りつつ治していけば良いでしょう。
けれども、日経ヘルスで取り上げられているような健康寿命の延伸では、もっと具体的な医療の在り方などが語られています。
医療機器が進化したり、新しい薬剤が開発されたりすることで、私たちの寿命は確実にのびることでしょう。
しかしながら、単に寿命ばかりが延びてしまっても、それが本当に幸せにつながるとも言い切れない部分があるのです。
なぜなら、現代人の自殺率というもの、かなりの割合で増加しているからです。
このように、自殺をしたいという感情が起こらない社会を作りつつ、人間の健康寿命を延ばせることができれば、最高であるといえます。
そうしたバランスの取れた医療技術の発展なり進歩を期待したいものです。
健康は何にも代え難いものですから、誰しもが求めるものであることも間違いありません。

トップページへ