医療保険は必ず入るべきか?

医療が必要になった際、その費用の一部を国や団体が負担してくれる制度となっているのが医療保険制度です。
よく混同される健康保険も医療保険の一部ではありますが、健康保険は企業に雇われた人が加入する「被雇用者保険」のことを刺しますから、厳密に言えば少々性質が違うということには注意が必要です。
と言っても実際に保険を利用するうえではあまり重要な違いではないため、医療保険ということで言えば「国民が加入している保険であり、これがあると診察費や治療費が3割負担で済むものだ」というようなイメージでも問題ないでしょう。
ですがこうしたものに関してはよく「入らなくても良いのではないか」というような意見を持つ人がいます。
ではこれについてはどうなのかというと、もちろん入るべきであるということができます。
まず個人単位の理由として挙げられるのが、人はいつ、どのような治療が必要になるかわからないということです。
どれだけ健康にしていたとしても、翌日突然交通事故に巻き込まれて大けがをするかもしれませんし、未知なる感染症に感染して動くことすらままならなくなることもあり得ます。
これらは少々極端な例ではありましたが、誰でもいきなり保険が必要になることはあり得るのです。
そのため不測の事態に備えるためにも、医療保険には加入しておいた方が良いのです。
次に個人では無い団体単位の話ですが、これは保険が相互扶助の考え方が根底にあることが関係しています。
先ほど診療・治療に際して3割の負担で済むという話をしましたが、これは7割が突然消えて無くなるわけではありません。
その7割は同じ保険に加入している誰かが支払っているものなのです。
そのため加入者が少なくなれば、保険という制度自体が成立しなくなります。
自分は必要が無かったとしても、必要としている誰かを助けるという意味があるのです。
こうした理由があるため医療保険には必ず入るべきだと言えます。

トップページへ